2009年09月10日

ダイエット臭 原因

■ダイエット臭 原因
ダイエット臭原因は間違ったダイエットです。

もともとダイエットは、食事の摂取カロリーを減らすとともに、運動で代謝をアップしないと成功しません。
食事だけを制限しても、カラダの筋肉や水分が落ちただけです。

運動をしないと、筋肉で熱を生み出すことができず、カラダは少ないエネルギーで維持しようと燃焼効率を落とします。
基礎代謝が低下し、痩せにくいカラダになり、ストレスによりリバウンドするといわれます。

基礎代謝が落ちたまま減量をしている人ほど、ダイエット臭は強くなるといわれています。

ダイエット臭のメカニズムはおおよそ次のとおりです。

・食事制限などにより糖やタンパク質が不足してきます。
・カラダは体内の中性脂肪を燃やそうとします。
・このとき、中性脂肪はニオイを発散する脂肪酸に変化します。
・急激なダイエットや運動不足で基礎代謝が低下してきます。
・基礎代謝が低下していると脂肪酸は増加しやすくなります。
・代謝されなかった余分な脂肪酸が汗と一緒に体外に出てニオイの原因となります。

脂肪酸は、汗臭さを強くしたニオイが特徴とされます。
この脂肪臭と前後してアンモニア臭も強くなるといわれます。
これは、酸素が十分供給されないまま、エネルギーを不完全燃焼させた結果ということです。
さらに体臭を強めます。

正しいダイエットは臭いません。
しっかりカラダを動かし、臭わないカラダこそが、きちんと痩せられるカラダです。

posted by nioi at 17:00| Comment(0) | ダイエット臭 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。