2009年09月17日

ダイエット臭とは

■ダイエット臭とは
ダイエット臭とは、体内でエネルギーを作り出す際の不完全燃焼が原因とされています。

体内で完全燃焼されていればニオイ物質は発生しないといいます。

疲労やダイエットなどの食事制限での摂取カロリーの減少。
これらで基礎代謝が低下すると、副産物として乳酸が生成されます。
乳酸はアンモニアと一緒になって汗の中に混じり、体臭が強くなります。
これが「ダイエット臭」とか「疲労臭」とか呼ばれている正体です。

ダイエットといいますと、一般的には「ダイエット=減量」ですね。
本来、ダイエットといいますと、食事療法、減食、食事制限。
摂取カロリーと消費カロリーのバランスを取ることにあります。

単に体重を減らすだけがダイエットではありません。
筋肉や骨を減らすことなく、余分な体脂肪を減らすこと。
これが本来のダイエットです。

ダイエット臭を発散させる一番の原因は、間違ったダイエットだといいます。
ダイエット臭がするということは、ダイエットの仕方が間違っているということです。

posted by nioi at 17:41| Comment(16) | ダイエット臭とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

ダイエット臭 なくす

■ダイエット臭 なくす
ダイエット臭なくすには、正しいダイエットに戻せば、比較的早くなくなるともいいます。

間違ったダイエットを続けますと、自律神経系やホルモン系の乱れにつながります。
疲労感、生理不順、めまい、しびれ、冷えなど。

この状態になりますと、正しいダイエットに戻しても、ダイエット臭だけがずっと残ることもあるとのことです。

ダイエット臭を出さないためには、カラダの代謝をアップさせることだといいます。
「有酸素運動」です。

20分以上の持続的運動が理想だといいます。
また、筋肉の力を落とさないことも大切です。

肝臓で作られた「臭い物質」は、肝臓では燃焼できないといいます。
唯一燃焼できるのが、筋肉と脳ということです。

出来てしまった「臭い物質」の消去には筋肉も必要です。

ラベル:ダイエット臭
posted by nioi at 17:44| Comment(0) | ダイエット臭 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

ダイエット臭 原因

■ダイエット臭 原因
ダイエット臭原因は間違ったダイエットです。

もともとダイエットは、食事の摂取カロリーを減らすとともに、運動で代謝をアップしないと成功しません。
食事だけを制限しても、カラダの筋肉や水分が落ちただけです。

運動をしないと、筋肉で熱を生み出すことができず、カラダは少ないエネルギーで維持しようと燃焼効率を落とします。
基礎代謝が低下し、痩せにくいカラダになり、ストレスによりリバウンドするといわれます。

基礎代謝が落ちたまま減量をしている人ほど、ダイエット臭は強くなるといわれています。

ダイエット臭のメカニズムはおおよそ次のとおりです。

・食事制限などにより糖やタンパク質が不足してきます。
・カラダは体内の中性脂肪を燃やそうとします。
・このとき、中性脂肪はニオイを発散する脂肪酸に変化します。
・急激なダイエットや運動不足で基礎代謝が低下してきます。
・基礎代謝が低下していると脂肪酸は増加しやすくなります。
・代謝されなかった余分な脂肪酸が汗と一緒に体外に出てニオイの原因となります。

脂肪酸は、汗臭さを強くしたニオイが特徴とされます。
この脂肪臭と前後してアンモニア臭も強くなるといわれます。
これは、酸素が十分供給されないまま、エネルギーを不完全燃焼させた結果ということです。
さらに体臭を強めます。

正しいダイエットは臭いません。
しっかりカラダを動かし、臭わないカラダこそが、きちんと痩せられるカラダです。

posted by nioi at 17:00| Comment(0) | ダイエット臭 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。